九州電力 総合研究所

7月8日に九州電力(一般会員)の総合研究所を訪問し、事業化委員会のSWG活動を中心に意見交換しました。中でも、九州電力管内は系統混雑が発生していることもあり、再エネ水電解SWGの取り組みに興味を示してもらい、SWGにオブザーバー参加していただくことになりました。また、九州各地に火力発電所を多数保有していることから、FSRU(浮体式ガス化貯蔵設備)-SWGにもオブザーバー参加していただくことになりました。

https://www.kyuden.co.jp/company_tech_outline_organization.html

こうして直接訪問することで、ざっくばらんな意見交換をすることができたので、北は北海道から南は沖縄まで、全電力めぐりを今後も企画していきたいと思います。(事務局水田 関西電力から出向中)