CONCEPT

社会実装プロジェクトの実現を通じ、早期に水素社会を構築します

我が国では、水素に関する研究開発や実証実験などに長期にわたって官民で取り組んできましたが、社会実装に向けたインフラ整備は不十分であり、供給コストも既存燃料対比で高く、市場は未成熟です。

本協議会では 、水素社会実現に向けて、さまざまなステークホルダーの皆様と今後取るべき戦略の大きな方向性について議論を重ねたいと考えております。

初期は民間事業者の力だけでは進めることはできず、国や地方自治体の支援が不可欠です。国民、政府・自治体、産業界が一丸となって取り組み、未来の子供たちに希望を与えられる社会を作ることを誓います。


MESSAGE

内山田 竹志
トヨタ自動車株式会社 代表取締役会長

地球温暖化対策は我々の使命

本協議会は水素社会の実現を目指す団体です。水素は豊富に存在し、温室効果ガスを排出しません。また、多くの産業で利用されています。しかし、本格的に社会実装するためには、非連続のイノベーションが必要です。本協議会では極めて厳しい規制の緩和を提言していくとともに、セミナーを通じた相互啓発、理解活動も行っていきます。

地球温暖化対策は我々の使命です。未来の子供たちのために、JH2Aでは異なる産業セクターが力を合わせ、水素社会実現に向けて主導的に取り組んで参ります。

國部 毅
株式会社三井住友フィナンシャルグループ 取締役会長

脱炭素化に向けたファイナンスの仕組みづくり

本協議会設立により、水素社会実現に向けた水素の社会実装に大きく舵を切られることになります。銀行グループの参画理由は、第一に金融機関として脱炭素化に向けたファイナンスを行うこと、第二に事業会社と共に事業を創造していくことにあります。2050年のカーボンニュートラルに向けたイノベーション、水素の需要創出、コスト低減、事業者に対する資金供給など、一枚岩となって取り組んでいきます。研究開発に対する資金、スケールアップに伴う投資、ESG投資を呼び込む仕組みを考えていきます。

牧野 明次
岩谷産業株式会社 代表取締役会長兼CEO

2050年カーボンニュートラルに向けたオールジャパンでの取り組み

水素社会の実現のためには、水素価格の低減、水素需要の拡大など、まだまだ乗り越えていかなければならない壁がたくさんあります。JH2Aには水素に関する高い技術や、多くの知見を持つ企業・団体が多数参加しており、会員一丸となって課題を解決し、水素社会の早期実現を目指します。2050年カーボンニュートラルに向けて、JH2Aが推進役となり、オールジャパンでの取り組みを進めて参ります。


プロジェクト創出

社会実装プロジェクトの創出

政策提言

需要創出・規制緩和等の普及に向けた政策提言

広報・渉外活動

国際連携、国内外の情報収集・分析・発信


決算報告書